オフィスITサポート

 

 日ごろ、パワーサポートにはお客様より様々なサポート依頼が寄せられます。その中でも、サポートをご利用いただいている皆様からご依頼が多かった障害を例に、 普段パソコンを使用していく上で、覚えておくと便利な「対処方法」を何点かご紹介します。



現在Windows XPをお使いのお客様

2014年4月9日(日本時間)をもって、マイクロソフトのWindows XP、Microsoft Office 2003、Internet Explorer 6 のサポートが終了いたします。サポート終了に伴ってさまざまな影響が懸念されていますので、現在お使いのお客様はお早めに弊社オフィスITサポートへご相談下さい。



●サポート終了日
 2014年4月9日(日本時間)

●サポートが終了するOS・アプリケーションの種類
 Windows XP
 Microsoft Office 2003

●サポート終了に伴い懸念されている「影響」
・脆弱性によるウイルス感染
・最新の周辺機器が使えなくなる
・今後発売されるソフトウェアをインストールできない
・問題発生時にマイクロソフトのサポートを受けられない
など

 

又、サポート終了時期が近づきますと、新PCが品薄になる可能性や弊社サポートセンターが混み合う可能性がございます。対象OS・アプリをお使いのお客様は、お気軽にお問い合わせください。適切なご対応方法をご案内させて頂きます。




「Windows XPの起動が遅いんです」

2001年末に登場したWindows XP ですが、Windows Vista 、 Windows 7と、もう既に2世代も前のOSになるにも関わらず、業務に使用するパソコンではまだまだ現役です。利用者の現状も踏まえ、 メーカーのサポート期間も2014年まで延長されました。

パワーサポートにご契約されているお客様も大半がWindows XPを使用しておられます。その中で、よくこういったご質問を受けることがあります。






「パソコンを買ったばかりの時はWindowsが起動してからすぐに使用できたのに、日が経つにつれWindows起動後、しばらく待ってからでないと使用できなくなってきた」




Windowsの起動や動作が遅くなる、また、不安定になる原因はOSという複雑なシステムの関係上、様々な要因がございます。その要因のひとつに、 Windows Updateの履歴が大量に溜まってしまい、起動に余計な時間がかかってしまうことがあります。




「Windows Updateの履歴を削除する」

  • 【スタート】⇒【コントロールパネル】⇒【管理ツール】を表示。
  • 【サービス】を起動。
  • 【Automatic Updates】サービスを【停止】する。
  • エクスプローラにて【C:\Windows\SoftwareDistribution\DataStore】に移動する。
  • 上記パス配下のフォルダおよびファイルお全て削除する。
  • 再び【管理ツール】の【サービス】を起動し、
          【Automatic Updates】サービスを【開始】する。


※ 注意:ご自身の判断で作業を行った結果、システムに不具合が発生しても当社は一切の保障を致しません。
  自己責任でお願い致します。
パワーサポートにご加入頂ければ、上記サポートも専門の技術者の元、安全に行うことが出来ます。


 Windows Updateの履歴を削除することにより、Windows起動時に確認するファイルが減り、結果、起動時間が回復いたします。
 さて、2014年でメーカーサポートが終了するWindows XPですが、まだまだ使えます。ストレスを無くして、有効利用していきましょう。





 「ハードディスクが壊れてしまって
        大事なデータが無くなっちゃった」


パソコンでもっともポピュラーな記憶装置がハードディスクです。このハードディスクの中には、OSはもちろん、作成したデータなど様々な情報が蓄積されております。ハードディスクはその特性上、衝撃に非常に弱く、また経年劣化でも故障してしまう可能性が高い部品です。(消耗品とお考え頂いて構いません)






「ノートパソコンを使用中に誤って机の上から落としてしまい、フリーズしてしまったので、すぐに電源を入れなおしたところ、画面に変な文字が出てきてしまいWindowsが起動しなくなってしまった」




 この場合、落下の衝撃により、ハードディスクが物理的に故障してしまっている可能性が非常に高いです。ハードディスクの内部では、円盤状のディスクがモーターにより回転をしており、そこを磁気ヘッドが行き来をしてデータの読み書きを行っております。動作中のディスクと磁気ヘッドの間はわずか10ナノメートル程度しかありません。衝撃によりそれぞれが衝突をし、故障してしまうケースが多く見受けられます。




 残念ながら、パワーサポートでは物理的に故障してしまったハードディスクから、データを復旧することは出来ません。専門のデータサルベージ業者に依頼するしかありません。故障の度合いによっては完全復旧が不可能な場合もあるようです。また、復旧料金も非常に高価で、重要なデータではない限り、泣く泣く諦める方も多いようです。
 では、そうならない為にはどうしたら良いでしょうか。

大事なデータを失わない為の工夫
 ハードディスクの故障を根本的に防ぐ方法はございません。必ずいつか故障します。また、実際にいつ故障するかは誰にもわかりません。ですので、守るべきデータに着目しデータを保管する場所を工夫する必要があります。

  このような場合、パワーサポートでは「ファイルサーバー」をご提案しております。「サーバー」と聞くと、大掛かりで高価なものに聞こえますが、最近では小規模向けの簡易装置(NAS:ネットワーク接続型ハードディスク)が各メーカー(IOデータ様・BUFFALO様が有名)から安価で手に入ります。

ファイルサーバー選びのコツ
 使用頻度、利用者数(パソコン台数)、データの容量を考慮し、最適なものを選択していきます。また「データを守る」という観点から、必ず冗長構成になっているものを選びます。冗長構成とは、例えば複数のハードディスクを搭載しており、そのうち1台のハードディスクが故障したとしてもデータが消失しない機能です。ファイルサーバーといえども、記録する媒体はハードディスクになりますので、パソコンと同じようにハードディスク故障の危機を免れることはできません。ですので、このような機能が必要になります。

 そのほかに、ファイルサーバーを決まった時間にさらにバックアップする為の外付けハードディスクや、急な停電などの電源障害からファイルサーバーを守る無停電電源装置(UPS)など、いかなる場合でもデータを保護できる環境を整えるとさらに安心です。

 このように、データが安全な場所に入ってさえすれば、パソコンが故障したとしてもいくらでも復旧ができます。以前は、このようなシステムは高価でしたが、現在はだいぶ安価(個人でも手が届く範囲です)になっておりますので、この機会にご検討されてはいかがでしょうか。

パワーサポートでも各種ファイルサーバーの構築なども請け負っております。
 興味があるけど、何をして良いのかよく分からないなどございましたら、是非お問合せ下さい。
パワーサポートにご依頼頂ければ、専門の技術者が機器選定から利用方法の策定まで、すべてをサポートさせて頂きます。